バックキャストについて



バックキャストのラインの状態はフォワードキャストの場合と同じような推進力やループの形状が望ましいです。
フォワードキャストは物を投げる動作に近いものがあり、だれでも最初からある程度上手くできます。
ところがバックキャストは難しいです。
後ろへ物を投げるとか後ろ向きに走るなどの動作は苦手であるのが人間です。
それと同じで後方へラインを投げることも苦手なのです。
ところがフライキャスティングではフォワードと同様なバックキャストを要求されるのです。
同じようなロッドの操作をするためでもフォワードとバックとではまったく筋肉の部位が違うのです。
これはきちんと意識してトレーニングするべきです。
後ろに物を投げる訓練や後ろ向きに走る訓練と同じような気持ちでトレーニングする必要があります。
グリップの方法とか腕の使い方などもバックキャストに有利な方法をとることが重要です。
インデックスグリップやVグリップはバックキャストには不利な方法です。
肘を外側に開くスタイルも不利と思います。

(トレーニングの項とすこし重複します)