ホールの目的


ホールは何のためにするか?
その問いかけは多くありますしいろいろ意見があるようです。

答えはロッドを曲げるためです。
ロッドを振って曲げるのとラインホールによる相対的なロッドの曲げの相乗作用です。
このような答えには異論があるようですが、このように考えることがベストと思っています。

キャスティングはロッドの反発力でラインを飛ばします。
ロッドでラインを引っ張って飛ばす要素が実際には含まれるのですが、その割合を限りなくゼロに近づけたキャスティングを目指すためにはホールで直接ラインスピードを上げるというような意識はなくてよいです。


ホールのタイミングについて


したがってホールのタイミングについてもいろいろ主張が分かれます。
「ホールは遅らせよ」とか、「ロッドチップの最高スピードにホールのピークを合わせよ」などです。

遅らせる必要があるロッドの動作にはホールも遅らせなければならないことになります。
ロッドストロークの前半に遊びの部分がある場合はそうなります。
これはロッドの曲がり始めの位置をチェックするとわかります。
有効なロッドストロークが後半にしかないのでホールの時期も遅れさせる必要が生じます。

トーナメントや特別な遠投をする場合あるいは速い振りを得るための助走目的で大きなストロークとする場合はストローク全体の後半にホールを合わせることになります。

通常、ロッドストロークは出来るだけ速くします。それこそワープするぐらい速くを目指します。
それに合わせたホールも速くということになります。もちろん同時です。

ゆっくりしたストロークでもロッドストロークの終了時とホールの終了は同じになります。



ニュートラルキャストのためのホール

ホールの目的ははロッドを曲げるためとは言いますが、一見変わったキャスティングスタイルもあります。

ゆっくり目のストロークで後半の反発するチップに追従するようにホールを合わせてロッドチップの戻りを押さえ込むようにします。
ホールでロッドを曲げようとする作用とロッドが反発してくる作用を相殺させるようにコントロールするものです。
ロッドチップが中立状態になるのでニュートラルキャストとでも称してみます。

このホールによるロッドコントロールはチップのバイブレーションを抑えることが容易でタイトできれいなループがつくれます。
このようなホールの位置づけのキャスティングがより良いものであるという説明がありますが、、ロッドの反発力を充分生かすには不向きな手法であり、このようなホールに慣れるとダブルハンドロッドのようにホールなしの場合にうまくできないなどの問題が起きる可能性もあります。

強すぎて曲げるのが難しい高番手のロッドの対処方法としては効果的であることもあり、ゆったりとロッドとラインのテンションを感じながらホールでコントロールする楽しいキャスト方法ではあります。


ショートキャストにもホール

ホールはロングキャストだけでなくショートレンジのプレゼンテーションにも多用すると釣りに余裕が感じられるものになります。
ストリッピングガイドとホールハンドの間のラインを常にテンションを保たせロッドの振りに合わせてロッドハンドよりもホールハンド主導のラインコントロールを意識します。
ラインのターンスピードもホールによってコントロールします。
このようなホールの位置づけは硬めのロッドや持ち重りするロッドを優位に使いこなすためのポイントでもあります。