ピックアップ・レイダウンについて


キャスティングの基本練習としてピックアップレイダウンを重視する考えがあります。
これはどんな意味があるのでしょう。
ひとつは落としたラインの状態で正確なスィングができているかをチェックできます。
あとはポーズを取るタイミングをつかみやすいとか、ラインが乱れた状態を引きずることなく一回ごとに修正できることなどでしょうか。

ところで、このラインを一回ごとに地面に下ろす練習ではつかめないことがあります。
それはラインの推進力を反対向きのキャストに生かすことです。
それはロッドの反発力を生かしたキャスティングの修得に差し支える可能性も感じます。
ロッドがゼロ状態から曲がり始めるのと、最初から曲げられているのとではストロークの必要長が違ってきます。
ピックアップでラインとロッドを良い状態にするためには腕を目一杯高く上げるような長いストロークがよく、キャスティングの開始のときはそうすることが多いです。
実戦でのピックアップはロールピックアップが都合がよく長いラインをいきなりリフトすることは利点が見られません。